リフォーム 価格

リフォーム費用と見積もり費用の価格比較ができる!


 後悔したくないあなたに!
 全国300社以上、複数のリフォーム会社からプラン&見積書が届きます。
 

無料で簡単。パッと3分!!スピード依頼

外壁の種類とリフォームの方法とは

リフォーム,価格,予算,適正

 

外壁の種類とリフォーム

 

 

実家の裏に小さな物置があります。その物置までは家をぐるりと回っていくのですが、なにせ通路が狭い。
そしてある時から手や服に白い粉が付くようになりました。
なんだろう、イヤだな〜。と思いつつそのままにしていました。

 

 

そう、それこそがチョーキング現象と言って外壁をリフォームするタイミング
一つなのです。
このチョーキング現象の他にも目安になるような劣化現象がありますので、
自宅の外壁を確認してみましょう。

 

 

まずは外壁の種類って何があるの

 

外壁には主に4種類ありますので、特徴を確認してみましょう。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 「モルタル」

 

昔の家の外壁材としてよく使われていたのがモルタルです。
モルタルとは砂とセメントを混ぜあわせ、そこに水を加えて練った建築材料です。

 

コテやローラーなどで色々な模様を施することもできるので、外壁にオリジナル性を出すことができます。
モルタルは価格が安価ですが、施工する職人さんの技量が出やすいので
耐用年数にバラつきが出てしまうことも。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 「サイディング」

 

工場で一貫生産されるボード状の外壁材サイディングといいます。
工場で生産しているので品質が均一で、施工がしやすいという特徴があります。

 

サイディングは、金属系、窯業系、樹脂系、木質系などに分類することができ、
いずれも、タイル調・レンガ調・木目調・石積調などのデザインがあり、
カラーも豊富に用意されています。

 

また、最近では雨水で汚れが落ちたり、汚れにくいコーティングをほどこしたりした
メンテナンスを楽にしたタイプや、既存の外壁の上に貼り付けることができる
リフォーム向けの商品などもみられます。
断熱性や遮音性など機能的にも優れており、近年では多くの住宅に使用されています。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 「タイル」

 

タイルは外壁だけではなく、床や内装にも使われる昔からある素材です。
粘土を主原料に各種の鉱物を混ぜて板状に成形し、焼成した外壁材になります。

 

耐候性、耐久性、耐火性に優れているのが特徴です。汚れがつきにくく、色落ちや劣化の心配も少ないため、
基本的に30年位メンテナンスが必要ないとも言われています。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 「ALC」

 

ALCとは、「Autoclaved」(高温高圧蒸気養生された)「Lightweight aerated」(軽量気泡)「Concrete」(コンクリート)の頭文字をとって名づけられたもので、「高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート」の意味を持ちます。

 

簡単にいうと高温で発泡加工した軽量のコンクリートですね。

 

ALCの主成分は、珪石、セメント、生石灰、石膏、アルミニウム粉末などで、
これらを微粉末にして水と混ぜると化学反応を起こして気泡ができます。
これがパワーボードの内部に無数にできている独立気泡になります。
軽量で、耐火性能が高く、加工が簡単という特徴もあります。

 

 

外壁のリフォームのタイミング

 

外壁のメンテナンスをする時期は5〜10年が多いようですです。
以下の劣化の症状が表れたらリフォームを検討してみてはいかがでしょう。

 

リフォーム,価格,予算,適正 チョーキング現象 (白亜化現象)

 

外壁塗装の代表的な劣化の一つにチョーキング現象があります。
サイディングやモルタルの外壁に塗装をした場合、5〜10年以上経過すると、
触ったときに手や服に白い粉がつく状態をいいます。
外壁に塗料を塗った場合にできる膜を塗膜といいますが、塗膜の中にある顔料が
粉化して表面にでてきているのです。顔料を含まない塗料もあるようですが、
色がある塗料の場合はほとんどの場合が経年劣化でチョーキング現象は起こる
と考えておきましょう。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 クラック

 

クラックとはひび割れの事をいいます。
住宅等の建物を見ていると、木造住宅の外壁やマンションの外壁の広い部分に
縦や斜めにひびが入っていることがあり、「ずいぶん古い建物なのかな」
「大丈夫なのかな」と心配になった事はありませんか。
あの亀裂の事をクラックといいます。
乾燥する事によってモルタルが収縮した場合や、建物の構造的な歪みによって
発生します。クラックによって外壁に雨水などが浸入してしまうと下地にダメージを
与えたり、コンクリートなどが剥離してしまう事もあるので早めに対処した方がいい
でしょう。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 ヘアークラック

 

クラックと同じようにひび割れの事ですが、髪の毛ほどのひびの事を特に
ヘアークラックと言うようです。
ヘアークラックはひびの中でも幅0.3mm以下、深さ4mm以下のひびに対して
使われます。乾燥によってモルタルが収縮したり、膨張したりした場合に表面
に発生します。微細なひびになりますので、簡単な補修で直る可能性が高いです。

 

リフォーム,価格,予算,適正 シーリングの劣化

 

シーリングとは、サイディングの繋ぎ目の目地部分を埋めるために使われている
材料のことです。コーキングとも呼ばれています。
シーリングは太陽光や雨風を受けて劣化してしまいます。
劣化の症状は、シーリングの痩せ、変形、軟化、変色、ひび割れ、剥離、破断、
欠落などがあります。

 

新築や打ち替えから10年もすると、シーリングが劣化してひび割れ等の症状が
出てきます。劣化したまま放置しておくと、雨水などが侵入してしまい建物内部
にもダメージを与えてしまいますので、その前に打ち替えるのが理想的です。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 サビ

 

外壁を見ると赤く水が流れたような跡がありませんか?それはサビの跡です。
家の外壁には案外サビが発生するような原因が多くあるのです。
例えば換気扇のダクト、窓枠、トタンやガルバリウム銅板の屋根、軒下や
ベランダ部分など金属製のものが、雨が降るたびに濡れてしまい金属部分
がサビてしまう場合があります。そのサビを含んだ雨水が外壁を何度も伝って
流れる事によって、サビが外壁に定着し赤い跡になってしまいます。
サビの発生を放置してしまうと、壁面にサビ跡が大きく広がってしまったり、
金属製の部分が腐食してしまうと、表面のサビだけでなく建物の内部に
までダメージを与えてしまう事もあります。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 コケ、藻、カビ

 

コケ、藻、カビは風通しが悪いために湿気がたまりやすく、更に日当たりの
悪い北側の外壁
に多く発生します。
新築や塗装の塗り替えから10年もすると外壁の撥水力が落ちてくるので、
湿気が乾かず水分が残ってしまいコケや藻、カビの症状が出てきてしまい
ます。それらの症状は直接建物を傷めることはしませんが、外壁の劣化を
助長してしまいます。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正

 

外壁のリフォーム方法とは

 

外壁も屋根と同様に室内を雨や雪、日差しから守っています。
屋根に比べると劣化するのが比較的遅いですが、古くなるとモルタルにひびが
入ったり、シミができて見た目も悪く、サイディングはシーリングが劣化した場合
には雨水が入ってしまい内部から劣化してしまう事もあります。

 

外壁は定期的にどこか劣化していないかチェックをする方がいいでしょう。
そして外壁の状態に合わせて、塗替えや張替え、そしてカバー工法などを
定期的に行うことで、外壁を綺麗に保つことができ、住宅の寿命を延ばす事も
可能になります。

 

 

では外壁をリフォームする場合ですが、方法は3種類あります。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 塗り替え

 

一般的に多く行われている方法で、他の方法より費用も安くすむようです。
塗装の前に点検や補修、洗浄を行い、下塗り、上塗りをします。
屋根の塗り替えも一緒にし、外装を一気に綺麗にしてしまう依頼主が多い
ようです。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 重ね張り(カバー工法)

 

モルタルやサイディングといった既存の外壁の表面に下地材を打って、
そこに新しい外壁材を取り付ける方法です。
新築と間違える位に綺麗になりますが、下地等の工事がきちんとしているか
確認が必要です。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 張り替え

 

古い外壁材を取り外し、新しい外壁材に交換する方法です。
下地から作り直しますので工事代金は高くなりますが、重ね張りをするより
外壁に負荷がかかりません。新しい外壁材はメンテナンス性の高さから、
サイディングを採用する事が多いようです。

 

 

工事代金の目安は

 

塗り替え工事 80万円〜150万円
重ね張り工事 150万円〜200万円
張り替え工事 180万円〜230万円
※上記金額は、あくまでも一般的な規模の戸建住宅である150uでの
業界目安とお考えください。

 

 

外壁のリフォームは、今の現状を把握して、どのような外壁にしたいのか
考えてみましょう。

 

今の外壁が気に入っているのなら塗り替えがピッタリです。

 

新しい外壁にしてみたいのなら、現状がどれだけ生かせるのか、
下地から新しくした方がいいのか、予算はどれくらいだせるのか、
計画してみるのがいいですね。

 

 

 

・・・ちなみに、我が実家では外壁材がモルタルの戸建て住宅です。
今回のチョーキング現象を期にリフォームをしました。
リフォーム方法は、今の外壁が気に入っているので塗り替えにしました。
発色が綺麗になり新築とはいかないまでもピカピカになって、両親も大変満足しています (*^_^*)

 

 

 

>>>> 一戸建ての全面リフォームの予算と注意点

あなたオリジナルのリフォームプラン&見積り書を作成します!


  簡単!オンラインで一括無料依頼
  あなたの街の複数のリフォーム会社から3つの提案が届きます。
 

完全無料!わずか3分で一括依頼