リフォーム 価格

リフォーム費用と見積もり費用の価格比較ができる!


 後悔したくないあなたに!
 全国300社以上、複数のリフォーム会社からプラン&見積書が届きます。
 

無料で簡単。パッと3分!!スピード依頼

屋根をリフォームするには

リフォーム,価格,予算,適正

 

屋根をリフォーム

 

リフォームというと壁紙を張り替えたり収納を増やしたりと室内の工事を
考えがちですが、屋根もリフォームをするんです。

 

屋根は雨漏り等の修理のタイミング位でしか工事をする事はないと思って
いましたが、屋根を見てみると、リフォームのタイミングが見えてきます。
では屋根にはどんな種類があって、どのようにチェックしたらいいのか
解説していきます。

 

 

屋根の種類

 

リフォーム,価格,予算,適正 日本瓦

 

一般的に粘土を形成して焼成した屋根材をいいます。
瓦という名称だと、金属瓦、スレート瓦、セメント瓦もありますので、
分かりやすいようにここでは日本瓦としています。

 

日本瓦は耐久性、断熱性、防水性、遮音性に優れていて、他の屋根材と比較しても
優れている点が多くあります。
日本瓦は、他の屋根材のように塗装の必要がなく、長く美しさを保ちます。
メンテナンスもほぼ不要で、ズレの修理や漆喰の補修のみで済みます。

 

ただし日本瓦は、値段が高く重量があるので耐震性が他の屋根材より劣ります。
凍結に弱いので、寒冷地には向かないようです。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 スレート

 

粘土版岩を使用し薄い板状に加工した建築材全般をスレート屋根といいます。
以前は強度を増すためにアスベストを混ぜていましたが、今では禁止されています。
その為に以前より強度が劣るようです。
比較的軽いので耐震性に優れており、日本瓦に比べて安価です。

 

ただし、コケが生えやすく、割れたり反りが生じやすいので、定期的に塗り替えが
必要になります。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 ガルバリウム鋼板

 

亜鉛・メッキ・シリコンで構成されたメッキ鋼板です。
スレート屋根と同じく安価でありながら、日本瓦と張り合えるほどの強度があり、
軽量な屋根材になります。

 

ただし、金属なので防音性や断熱性はやや劣るようです。
基本的にサビには強いのですが、海に近い地域では塩害によるサビの心配があります。

 

リフォーム,価格,予算,適正 トタン

 

薄い鉄板にサビを止めるメッキを施した金属屋根です。
瓦などと比較して軽量なので、耐震性が高くなる屋根材になります。
施工方法がシンプルな為、工期が短期間ですみます。

 

トタン屋根は継ぎ目が少ないので水が溜まりにくく、雨漏りになりにくい利点が
ありますが、屋根の傾斜が緩い場合があり、もし日本瓦に葺き替えする場合には
傾斜が緩いと瓦が葺けない場合がありますので、注意が必要です。

 

断熱性は劣るようで、雨音が伝わりやすいので遮音性も弱いようです。
強度と耐久性はある程度はあるのですが、色あせやサビ等の劣化で強度が
下がってしまうことも。塗り替えのメンテナンスが必要になります。

 

 

屋根のリフォームが必要な場合とは

 

屋根を見てみると、年月の経っている屋根は風化して色褪せしていたり
コケが生えてしまったりしています。
特に日の当たらない部分等はコケが生えやすいようで、コケの部分に
水分を蓄えてしまうと屋根の劣化が早まってしまいます。

 

経年劣化で塗装がはがれたり、亀裂が生じたり、瓦が欠けたりもするでしょう。
見た目も良くない状態になってしまいます。
劣化したまま放置しておくと、住宅の老朽化を早めてしまう原因になりますので、
長く快適な生活を続ける為にも屋根のリフォームも頭に入れておいた方が
いいでしょう。

 

 

屋根の状態を確認してみよう

 

※年数はあくまでも参考の経過年数です。
実際に目視して屋根の状態をチェックしてみましょう。

 

リフォーム,価格,予算,適正 スレートの場合

 

10〜15年経過しているか
スレートに多数ひび割れがある
屋根が白っぽく色あせている(白亜化、チョーキング現象)
コケやカビが生えて緑色や黒っぽくなっている
風が吹くと屋根の上で異音がする

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 日本瓦

 

25〜30年経過しているか
15年以上なんの手入れをしていない
瓦がずれていて綺麗に揃っていない
瓦にひび、欠けがある
漆喰の部分にカビがある

 

リフォーム,価格,予算,適正 トタン屋根

 

6〜10年経過しているか
トタン屋根が全体的に赤っぽくサビている
風が吹くと屋根の上で異音がする

 

   リフォーム,価格,予算,適正

 

このような症状が複数出ていて、更に部屋の天井に濡れたようなシミが
できていた場合には、雨漏りが発生している可能性があります。
放置しておくとどんどん住まいが劣化してしまいますので、
早めのリフォームをお勧めします。

 

 

屋根のリフォーム方法とは

 

屋根をリフォームする場合には3つの方法のうち、屋根材と劣化した状況から
判断して工事をします。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 塗り替え

 

塗装されている屋根の場合、塗り替えが一番お手軽な方法です。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 重ね張り (カバー工法)

 

古い屋根の上に新しい屋根を重ねて張る方法です。
注意して欲しい点は、古い屋根材を残したまま新しい屋根材を張りますので、
地震耐性が悪化してしまう可能性があります。

 

その他にも重ね張りを選んだ場合には、古い屋根と新しい屋根の間に
湿気や空気が屋根裏に篭ってしまうので、棟換気をつけた方がいいようです。
棟換気の提案のないリフォーム会社依頼しない方が良さそうですね。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 葺き替え

 

元々ある古い屋根の部分をすべて撤去して、新しい屋根に替える方法です。

 

 

工事代金の目安

 

?屋根塗装工事 35万円〜120万円
?葺き替え工事  100万円〜300万円
?屋根カバー工法 80万円〜250万円
※上記金額は、あくまでも一般的な規模の戸建住宅である10坪〜30坪あたりの業界目安とお考えください。

 

  ・日本瓦 → 日本瓦 50〜270万円
  ・日本瓦 → スレート 40〜210万円
  ・日本瓦 → ガルバリウム鋼板 50〜240万円
  ・スレート → スレート 40〜180万円
  ・スレート → ガルバリウム鋼板 30〜180万円
  ・トタン → ガルバリウム鋼板 30〜100万円

 

 

 

屋根の工事はちょっと特殊になりますので、得意としている工務店と不得意な工務店があります。
飛び込みで工務店に連絡をするよりは、リフォーム会社数社に見積もりをしてもらった方がいいでしょう。
リフォーム会社なら下請けの工務店や職人さんが多数います。
その中でも屋根の工事が得意な工務店を使ってリフォーム工事をしてくれますよ。

 

どの方法の屋根のリフォムを選択するかは、
住まいの状態とリフォームにかける予算の兼ね合いもあると思います。
リフォーム会社の担当者に予算を話しよく相談をして下さいね。

 

 

>>>> 外壁の種類とリフォームの方法とは

あなたオリジナルのリフォームプラン&見積り書を作成します!


  簡単!オンラインで一括無料依頼
  あなたの街の複数のリフォーム会社から3つの提案が届きます。
 

完全無料!わずか3分で一括依頼