リフォーム 価格

リフォーム費用と見積もり費用の価格比較ができる!


 後悔したくないあなたに!
 全国300社以上、複数のリフォーム会社からプラン&見積書が届きます。
 

無料で簡単。パッと3分!!スピード依頼

リフォーム代金は工事完了後に一括で支払うのでしょうか

リフォーム,価格,予算,適正

 

リフォーム工事代金の支払い方

 

 

 

リフォーム代金は工事完了後に一括で支払うのでしょうか


 

 

 

リフォーム工事代金の支払い時期や支払方法は、リフォーム会社によって
異なります。

 

工事代金の額によっても変わってきますが、一般的には工事完了後に
一括で支払う場合と、着手金・中間金・残金と2回若しくは3回に分けて
支払う場合があります。

 

支払いの方法は2種類あり、現金にて集金か銀行振込のどちらかです。


 

 

リフォーム会社との契約によりますが、概ね上記のような支払状況が多いようです。

 

実際のリフォーム工事代金の支払いが一括になるのか分割になるのかは契約時にきまりますが、
どちらに当てはまりそうか簡単にチェックしてみましょう。

 

 

支払い方法をチェックしてみましょう

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 初めてのお客様の場合

 

依頼するリフォーム会社に初めてリフォーム工事をお願いするお客様の場合、
数千円〜3、40万円位の少額なら工事終了後に一括で支払いをします。
その場で集金の場合と工事後数日から1週間以内に銀行振込をする場合があります。

 

ただし、50万円以上の工事をする場合には、契約時に着手金、工事終了後に残金を支払う
という感じで2回に分けて支払う場合があります。
契約時にリフォーム会社の担当者に、支払の流れを確認しましょう。
契約の時に支払い方法について話がでなかった場合には、忘れずにこちらから確認をとって下さい。
急に支払の依頼がきたりとトラブルもあるようなので、注意しましょう。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 少額の工事代金の場合

 

工事の規模にもよりますが、1日から数日で終わるような工事金額であれば
工事完了後に一括で支払をするようです。
当日集金数日後から1週間以内に銀行振込が多いようですが、リフォーム会社によって変わります。

 

 

リフォーム,価格,予算,適正 高額の工事代金の場合

 

工事が100万円を超えるような場合2回、若しくは3回に分けて工事代金を支払う場合があります。
2回に分けて支払う状況とは、契約時の「着手金」、工事終了時の「残金」の2回です。
3回に分けて支払う状況とは、契約時の「着手金」、工事中に支払う「中間金」
工事終了時の「残金」の3回です。

 

リフォーム工事の場合、見積の段階から設備の選定、壁紙や床材、ドア等の建具の選定が始まります。
契約が完了した時点から部材の発注や職人の手配等が始まります。
着工時にはある程度の部材の発注が済んでいますので、代金の支払い義務が発生します。
その発注した代金の一部には依頼主からの着手金が充てられます。

 

一括で工事完了後の支払いにしてしまうと、工期が長い場合にはリフォーム会社の立替分が
増えてしまい立ち行かなくなってしまいますので、どうしてもお客様である依頼主から
着手金や中間金の支払いが必要になってしまうのです。

 

 

では着手金・中間金・残金の違いは何でしょう

 

 

 リフォーム,価格,予算,適正 着手金

 

   契約完了時から概ね1週間以内に支払う工事代金です。
   工事代金の10%〜30%位を支払います。

 

   着手金を支払わなかったために、工事がずさんになるような事はありません。

 

 

 リフォーム,価格,予算,適正 中間金

 

   工事期間が長い場合に、工事の進捗状況によって途中で1度支払う工事代金です。
   「工事の着工から○○日後」や「内部木工工事終了後」に支払う等の区切りでの支払いです。
   こちらはリフォーム会社の意向で決まると思いますので、契約時にご確認下さい。
   支払いは工事代金の30%〜40%位になります。

 

   支払計画を立てている中で、中間金を支払うのが難しかったり中間金の支払額を
   抑えてもらいたい場合は、契約時に相談してみましょう。
   金額を考慮してくれるかもしれませんので、遠慮せずに相談して下さいね。

 

 リフォーム,価格,予算,適正 残金

 

   工事完了後、概ね1週間から10日以内に支払う工事代金です。
   工事代金の総額から着手金・中間金を差し引いた残金を支払います。

 

 

     リフォーム,価格,予算,適正

 

リフォーム,価格,予算,適正 リフォームローンを使って支払う場合

 

リフォーム工事代金をリフォームローンで支払う場合はどうでしょう。

 

ローンで支払う場合でも、金額が大きい場合や工期が長い場合には
着手金は支払う必要があるようです。
ただしリフォームローンは工事完了後に、ローンをお願いした金融機関から
リフォーム会社へ直接支払われます。
そのため、着手金や中間金のそれぞれの支払いには利用できません。
そうなると着手金は自己資金で準備をする必要があります。

 

リフォームローンは工事金額を全額借りるのではなく、着手金(プラス中間金)を
除いた金額で借り入れるよう計画した方がいいようですね。

あなたオリジナルのリフォームプラン&見積り書を作成します!


  簡単!オンラインで一括無料依頼
  あなたの街の複数のリフォーム会社から3つの提案が届きます。
 

完全無料!わずか3分で一括依頼