リフォーム 価格

リフォーム費用と見積もり費用の価格比較ができる!


 後悔したくないあなたに!
 全国300社以上、複数のリフォーム会社からプラン&見積書が届きます。
 

無料で簡単。パッと3分!!スピード依頼

リフォームで固定資産税が下がるのか

リフォーム,価格,予算,適正

 

リフォームで固定資産税が下がる場合

 

 

 

家をリフォームした場合に固定資産税が上がる場合と下がる場合があるようですが、
下がるのはどういった場合でしょうか?


 

 

 

リフォームをして固定資産税が下がる工事は3種類あります。

 

 ・耐震化リフォーム
 ・バリアフリーリフォーム
 ・省エネ化リフォーム

 

固定資産税の減額や減免を受けるためには条件がありますので、
内容をよく確認してみましょう。


 

 

不動産の固定資産税とは

 

固定資産税とは、毎年1月1日現在に土地や家屋を所有している者に支払い義務が発生する
税金の事を言います。
戸建てもマンションも「土地」と「家屋」に分かれて固定資産税が計算されます。
計算された「納税通知書」が送付されますので、その土地や家屋の所在地を管轄する市町村に
税金を納付しなくてはなりません。
東京都の23区内にある固定資産については、都が都税として課税します。

 

 

リフォームをして固定資産税が下がる場合

 

いずれも固定資産税の減額や減免を受けるためには改修工事完了後3ヶ月以内に申告が必要となります。
登記の有無にかかわらず、当該家屋が所在する市町村又は東京都23区の場合は区の都税事務所に
改修した旨を忘れずに連絡して下さい。

 

いずれも適用期間があるようなので、申告をする前に各市町村に必ず確認をお願いいたします。
 (2017年8月現在は 「〜2018年3月31日までに改修工事が行われたものであること」)

 

 

リフォーム,価格,予算,適正  耐震化リフォーム

 

耐震改修が完了した年の翌年度の1年度分について、固定資産税額の2分の1が減額されます。
居住部分のみを対象としてて、1戸当たりの面積が120平方メートル相当分が限度とされます。

 

ただし以下の条件に該当する場合に限ります。

 

@昭和57年1月1日以前に建てた住宅で、人の居住する部分が床面積の2分の1以上であること

 

A耐震改修に要した費用の額が、1戸当たり50万円を超えること

 

B長期優良住宅の認定を受けて耐震改修を行った場合は、床面積が50平方メートル(一戸建以外の貸家住宅は40平方メートル)以上280平方メートル以下であること

 

 

リフォーム,価格,予算,適正  バリアフリーリフォーム

 

バリアフリー改修が完了した年の翌年度の1年度分に限り、当該住宅の一戸あたり100uの床面積相当分まで
固定資産税の3分の1が減額されます。

 

ただし以下の条件に該当する場合に限ります。

 

@新築された日から10年以上経過した住宅であること。

 

A当該家屋の内、人の居住する部分が床面積の2分の1以上であること。(但し、家屋の賃貸部分は減額になりません。)

 

B改修後の住宅の床面積が50平方メートル以上であること。

 

Cバリアフリー改修工事に要した費用の額が、一戸当たり50万円を超えること。

 

D申告時に以下のいずれかの方が当該家屋に居住していること。
 ・改修工事完了年の翌年1月1日における年齢が65歳以上の方
 ・要介護認定又は要支援認定を受けている方
 ・障害のある方

 

E耐震基準適合住宅に係る減額等の適用中でないこと。(この減額と重複して適用は不可)

 

F以前に、当該対象家屋がバリアフリー改修工事をした住宅にかかる固定資産税の減額を受けていないこと。

 

 

   リフォーム,価格,予算,適正

 

リフォーム,価格,予算,適正  省エネ化リフォーム

 

熱損失防止改修住宅の減免と言います。
省エネ改修が完了した年の翌年度の1年度分に限り、当該住宅の一戸あたり120uの床面積相当分まで
固定資産税の3分の1が減額されます。
ただし、耐震改修をした住宅に係る固定資産税の減額制度等との併用はできませんので注意して下さい。

 

以下の条件に該当する場合に限ります。

 

@平成20年1月1日以前からある住宅であること。

 

A当該家屋の内、人の居住する部分が床面積の2分の1以上であること。(但し、家屋の賃貸部分は減額になりません。)

 

B改修後の住宅の床面積が50平方メートル以上であること。

 

Cバリアフリー改修工事に要した費用の額が、一戸当たり50万円を超えること。

 

D次の@からCまでの工事のうち、@を含む工事を行うこと。(@の工事は必須です)
 ただし、(1)から(4)までの改修工事により、それぞれの部位が現行の省エネ基準に新たに適合する事が必要です。

 

 (1)窓の断熱改修工事(二重サッシ化、複層ガラス化など)
 (2)床の断熱改修工事
 (3)天井の断熱改修工事
 (4)壁の断熱改修工事

 

 

 

>>>> リフォーム工事中にしておくと良いこと

あなたオリジナルのリフォームプラン&見積り書を作成します!


  簡単!オンラインで一括無料依頼
  あなたの街の複数のリフォーム会社から3つの提案が届きます。
 

完全無料!わずか3分で一括依頼